Novelty Weblog
http://noveltyweblog.blog15.fc2.com/

Profile

BYRD

  • Author:BYRD
  • 気の向くままに書いています。

    現在はいたずら防止のためにコメント・トラックバック共に承認制を導入致しておりますが、ご了承ください。

Recent Entries

Categories

Blog Search

Recent Comments

Recent TrackBacks

Archives

RSS Feed

越前かにめし 福井駅

2006/03/20 00:24|駅弁TB:1CM:2
昨日の夕食は近所のスーパーの駅弁フェアで買った「越前かにめし」でした。先日福井へ行った時におみやげで買って帰ればよかったのですが、ついうっかり買うのを忘れてしまいまして。。。

しかし、今回は先日忘れてたので買ったのではありませんで、スーパーへ行った時間が遅かったこともあって駅弁が3割引だったので買って帰った訳であります。



「越前かにめし」は↑の包装で売られています。



包装を開くと↑のようなカニの形をした容器ときざみのりとフォークが入っています。



カニの形をした容器を開くと↑のように、ずわいがにの雌の赤肉、卵巣、味噌等の内臓をほぐして炊き込んだごはんに、雄の足や肩の肉がたっぷり入っていて、美味しく食べることができました。(^^)
コメント
帰京するときに金沢からの雷鳥の車中で食った時があります。
私のは時間が経っていたのか、ちょっとボソボソしていて
美味いって印象は今でもあんまり無いんです。

なのでBYRDさんのカレーと同じくカニ飯に関しては
結構損をしているかもしれません。しかし私も普通の小市民ですから
一般論としてカニは普通に好きだし、食ってる時も普通に黙ります。
森田 検索 #MrlUKyjA|2006/03/21(火) 20:49 [ 編集 ]
森田 検索先輩、こんばんは♪
「ちょっとボソボソしていて」というのは多分このかにめしのカニの身が「雌」なんで、ズワイガニの「雌」は「雄」と比べると大きさもかなり違い、身の方も肉厚感も違いますし、それとご飯が結構モチッとしているので、そのまま食べると上に乗ってる身が余計にそう感じられたのかもしれません。それで自分の場合はちょっと行儀が悪いのですが、中のご飯が固まってますので、上の身と一緒にかき混ぜて食べました。それだとボソボソ感もなく食べられましたよ。(これは家でならOKですが、車中では無理かもしれませんね・・・あまりに行儀が悪くなるので・・・^^;)
BYRD #NNxGKCIs|2006/03/21(火) 23:17 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
昔ほど、電車で出張や旅行に行く機会は少なくなったが、たまに電車で遠くへ出かけると
あさぴーのおいしい独り言 2006/04/20(木) 20:00
トラックバックURLはこちら
http://noveltyweblog.blog15.fc2.com/tb.php/95-2acb744e

Contents

BBS

Links

このブログをリンクに追加する

Blog Portal

Service

Amazon.co.jp

Book

  • ブックオフオンライン
  • フルイチオンライン

Music

  • HMVジャパン

Photo

  • FUJIFILM ネットプリントサービス
  • FUJIFILMMALL(フジフイルムモール)

PC

  • NEC Direct ・NECダイレクト
  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
  • ソニーストア
  • エプソンダイレクト株式会社
  • PC・周辺機器特集!
  • デル株式会社
  • Nortonロゴ
  • トレンドマイクロロゴ

Fashion & Goods

  • 心地よい服ランズエンド

Cinema

  • ユナイテッド・シネマ映画チケット&会員登録アフィリエイト

Blog Roll

BlogPeople

Please List Me by BlogPeople

Listed




ブログランキング・にほんブログ村へ

 |  食事・ランチ | 甘味・スイーツ | パン類 | 駅弁 | 駄菓子 | 飲み物 | 観光・旅行 | 鉄道 | 音楽・映画 | ゲーム | ファッション | 雑貨 | カメラ・電化製品 | ブログ・ウェブサイト | お笑い・テレビ | 雑記 | 未分類 | 
Copyright(C) 2007All Rights Reserved. Novelty Weblog
Powered by FC2ブログ. まとめ
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.